戦わずして負け犬の遠吠え

ワオーーーーーーン

「絶対に大丈夫、心配ない」

相変わらずメンタルがへにゃへにゃなので音楽を聴いてました。音楽聴いてるからってメンタルが強くなるわけじゃないんですが。

 

そういうときには聴けるバンドと聴けないバンド、聴きたい声と聴きたくない声ってのがありまして、シャッフルなのにスキップスキップしちゃうんですね。楽しそう。

楽しくはない。

 

そんで、今日はその「聴けるバンド」についてちょっと書いてみようかなぁと思いまして。

ヒゲドライVAN[以下、ヒゲVAN]というバンドについて。

ヒゲVANは、ヒゲドライバーさん[以下、ヒゲさん]というチップチューン(ゲームみたいなピコピコ音楽)のミュージシャンがやってるバンドです(ざっくり)。

 本来ならヒゲVANの話をするときはanother sunnydayの話もしなきゃいけないと思うんですが、書いてるとグダグダになるのでサヨナラ。

 

そもそもヒゲVANはネット出身で、ヒゲさんはそちらの界隈ではそこそこ名も知れていて(らしいです、わたしはよく知らない)、何というか、何でわざわざバンドを?って思ってました。ええ。

ヒゲドライバーのバンドプロジェクトとしてやってんならいらねぇな」って未だに思ってます。好きなのか嫌いなのか。

 

好きだからこそ言うけど、「ヒゲさんのバンド」としてのヒゲVANでとどまってたらほんとにもったいない!

ストレートなギター、パワフルなリズム隊、そこに乗っかる軽快なピコピコサウンドと、柔らかな声で歌われる剥き出しのままの素直な心。

こんなに爽快で切なくてエモーショナルなバンドが、「ああ、あのヒゲドライバーのバンドね」って終わっていいものか!

 

それとオーディエンスを見てると、ヒゲドライバーファンは優しい。

冬場にライブを見に行ったとき、荷物を足で挟んで置いていたら、見知らぬお兄さんが、

「こっち、空いてますよ?置いときましょうか?」

とわざわざ声をかけてくださったのはほんとにありがたかった。お兄さん、見てないでしょうけど、ありがとうー。

そのときは他にも、初めてライブを見に来たらしい人に「カバンは下ろしたほうがいいよ」「暑くなるからここにいるなら上着は脱いだほうがいいよ」とアドバイスしてあげてる人がいたり。

 

ただし、わたしみたいに「ヒゲVAN好き」なファンはちょっとまだ肩身狭い。

なんというか、ノリがまず違う。拳振り上げとけば何とかなるロックとは違う(語弊)。

曲は普通にロックだから、わたしは自然といつも通りの(拳振り上げるような)ノリになるんだけど、あ、そういうパターンもあるの!?って思わされることもちょいちょい。毎度お勉強って感じでそれはそれで楽しいんだけどね。

 

えー、紆余曲折しましたが、タイトルに戻ります。

「絶対に大丈夫、心配ない」

これは、ヒゲVANの「インターネット・ノイローゼ」というアルバムに収録されてる『英雄論』という曲のサビのフレーズです。

これがねぇ、高尚なこととか、説教くさいことは何ひとつ言ってないんだけど、めちゃくちゃ心にクるんですよ。根拠なんかまったくないんだけど、信じたくなるフレーズですよね。

 

そういう風に思わせるのが上手い声なんですよ、内側にある優しさとか思いやりみたいなものが目に見えるような声で。聴いてるこっち側に向けて言っているような、「ちょっぴりダメなヤツ」な自分に言い聞かせてるような、そういう詞だなぁと思うんです。

 

さっきこの曲を聴いてもうなんかボロボロに泣かされたのでバンドの紹介も含めて長々と書いてみました。

メインの話題が短いのは今に始まったことじゃないので勘弁してください。

こうやって思いついたことどんどん書いちゃうから文章ぐちゃぐちゃなんですよ、バンドマンに手紙書いて渡そうと思ってもやらないのはそういう訳です。ああほら、また。

 

お時間あれば聴いてみて!

ヒゲドライVAN - インターネット・ノイローゼ (Music Video) - YouTube

『英雄論』が入ってるアルバムのタイトル曲『インターネット・ノイローゼ』

MVがかなり面白いです。見ればわかる。

ノイローゼになりそうだ!

ヒゲドライVAN - 0831 (Music Video) - YouTube

それからこれ。500枚限定のシングルから(まだあるのかなぁ)。これぞまさにヒゲVAN!な一曲。

 

メンバーにあんまり触れなかったから最後に。ドラムの絢人さんは動画でもイケメンだけど間近で見るとほんとにただのイケメンです。ベースのカズマさんもイケメン。ギターの社長はイケメンというか美人。以上。

 

ちゃんと宣伝もしたし、今日のところはこの辺で〜。

【まとめ】今日のライブ行けばよかった。

 

 

ではまたのちほど。

だぶーん。

今日は本当に頭が回らない…。

ネタもない…。

と、思ったら、こんな便利なもんが。

 

今週のお題「好きなアイス」

 

ふむふむ。

わたしね、何でも好きです。

おわり。

 

 

って訳にもいきませんので〜、

そうですね。チョコミントかな。

スーパーカップの。

あれのね、なんかちょっと暴力的なミント感が好きなんですよ。雑っていうか。ほら!スースーすんだろ!どうだ!みたいな。

 

ってチョコミントアイスの話するとだいたい「歯磨き粉の味じゃん!」とか言い出す奴がいるんですが、わたしはねぇ、

 

歯磨き粉も好きなんだよ!!!

 

あれ?

何でみんな画面ちょっと遠ざけてるんですか。

歯磨き粉、嫌いでした?

 

違うか。

 

 

ではまた…

 

あ、そういえば、「あのじゃく」といいこの「だぶーん」といい、たまにタイトルで言葉遊び(そんな大したもんじゃないが)してるんだけど、誰か気づいてるんでしょうか。

まぁどうせただの駄文ですから、だぶーん。

 

 

ではまたのちほど。

こんこんこん

病気まではございませんが、喉と肺が他人より弱いので、1年のうち250日くらいは咳してるんですが、これは風邪の咳だ、これは風邪じゃない咳だと証明する方法ってないものでしょうか。

 

毎度、母から「また始まった」と言われるのがそろそろめんどくさい。

 

好きで咳してる訳じゃないんだけどなぁ。

こんこんこん。

改装 回想 階層 海藻

わたしの「仕事」ってのは、とあるショッピングモール内の雑貨屋で接客・販売をしてます。

まぁアルバイトなんですが。

 

3連休が明けて出勤したら店内の什器が入れ替わってました。1年前から言い続けてやっと改装が始まったようです。

 

それに伴って大量の納品が来ていたようで、レジカウンター内には展示しきれてない商品がざっと200…くらい。

その展示と、さらに追加の納品をこなして4時間。

記憶がありません。

 

すると後輩ちゃん(23歳、癒し系)がポッキーを手に、

「お菓子買ってきました!食べてください!」

「わぁー、ありがとうございますぅー」

「疲れには、糖分ですよ!」

「ありがたいですぅー」

(後輩ちゃんのほうが年上なので敬語)

 

優しい…かわいい…。

というか、久々に頭フル回転したのでヘトヘトでした。お昼ご飯食べた1時間半後にお腹すいたって言うくらいには。

 

おいしーーー。

ねみーーー。

はたらきたくないーーー。

 

と言ってもあと2時間くらいで帰れる!

今日終わったらまた3休だからいっぱい寝よ

 

 

ではまたのちほど。

【趣味の話】部屋に閉じ込められた!

Twitterお休みしてまだ何日も経ってないんですけど、Twitter休んでて変わったことがいくつもあるのでちょっと書いてみようかな、と。

 

まず、孤独感がすごい!

周りに誰もいない!構って〜とかはブログに書くことではないので余計に!誰もいない!コメントもない!(コメントのしようがないという点は無視)寂しい!

 

それから、情報が入ってこない!

Twitterが一番情報はやいよねー、やっぱし。

FBやってたから何とか追いつけてます(たぶん)、よかったです、ウンウン。

 

あと、物書きに集中しちゃって家族間の会話が減った!

喋ろう。それはもう自分が悪い、ちゃんとコミュニケーションとろう、喋ろう。

 

あー、それとね。

ストレスから逃れるためにTwitter離れたはずなんですけど、これはこれでストレスが溜まりますね。

1人になる時間が増えるので、余計な考え事をする時間が増えて、たまに記憶が飛んでますね。

 

「わたし、おひるごはん、食べたかしら?」

「やぁねぇ、昨日食べたじゃないですか」

 

関係あるかわかんないけど、イヤホンを着けるのが苦手になりました。集中しすぎてしまって他の音が1ミリも聴こえなくなる。

あー、あと買ったまま放置されてるCDが7枚あるのも何とかしなきゃなぁ。

 

まだあります。

眠りが浅くなった。3時間おきに目がさめる。頭が痛くて起き上がれないし、一日中眠い。これはいつもか。

 

それから、頭を使ってないと不安になるようになりました。

そこでタイトルに戻るんですけど。

「部屋に閉じ込められた!」

 

わたしの趣味のひとつに脱出ゲームなるものがございます。

まぁ何かっていうと暗号やら何やらを解いて部屋の鍵を見つけ出して部屋から出る、という内容のゲームですね。

どっかじゃ「リアル脱出ゲーム」といって実際にそんな部屋が作られているのだとか。やってみたい〜、けどひとりは嫌〜。

 

好きな脱出ゲームのシチュエーションってのがありまして。

 

外が暗いこと。

室内は湿っぽいこと。

電気がちらつくこと。

室内に不自然に脱出に必要なアイテムが落ちていないこと。

ヒントは全てスクリーン上の「よく探せば見つかる」ところにあること(これがまた、スクリーンに映ってないけどタップしたら見えるようになる、ってのが多いんだ)。

拾ったアイテムが何なのか一目でわかること(よくわからない黒い棒状の物体がすごく多い)。

そして、驚かす演出がないこと。

 

わたしこわい話は好きだけどホラー映画は嫌いなんですよ。なぜかって、ああ言うのって、「ビックリして怖い」から。

そら突然頭から血を流して白目剥いた女が窓にバン!!!!って来たら怖いわ。

 

ビックリさせないホラー演出は好き。

というか、気づいたら知らない場所で閉じ込められてる時点で十分怖いから。それ以上はいらん。

 

そんな訳で頭を使おうと脱出ゲームを大量に落としたのはいいんですけど、すぐに頭疲れちゃってお腹すいておやつ食べて眠くなって寝てお腹すいてご飯食べて酒飲んで眠くなって…

 

不健康だなぁー。

やりたいことに対して時間が足りないんですよね。主に睡眠時間に持ってかれてて。

どうしたらいいんだ?

ってまた考えて眠れなくなるんだろうなぁ。

 

 

ではまたのちほど。

【ショート詰め合わせ】省エネガールは迷わない

昨日頑張って書いた下書きが消滅したのでへこたれながらの再投稿。

文章は夜書くほうがうまい言い回しとか思いつくのになぁ。翌朝見たら恥ずかしくて死にたくなるような。詩とかさ。あ、書いたことない?

 

え〜、約束通り(誰との?)、絶対迷子にならない少女の話です。ショートショートショート(ショートショートよりも短いの意)の詰め合わせでどうぞ。

==========

何となくではありますが、男性よりも女性のほうが、地図が読めず、道に迷いやすいような気がします。

 

わたしですか?全く迷いませんね。昔から。

男女混合のグループでの行動ではたびたび男子の見せ場を奪ったものでした。

…あ?だからモテないのか。くそ〜〜〜。

 

何か訳でもあるのかなぁ、と我ながら疑問に思いましたので道に迷いかけた/迷子になりかけたエピソードを思い出して並べて見ました。

段々と「迷子にならない」のレベルが下がります。

----------

【好奇心】

小学校からの下校中、退屈なので通学路を外れて寄り道。案の定、途中で道がわからなくなってしまいました。

「ありゃ、ここどこだ」

 

しかし、住宅の並びの奥に駅ビル発見。

「あ〜、てことは〜」

夕方なので太陽があるほうがだいたい西。駅ビルを目印に、あとは頭の中で地図を広げれば、

「もちょっと先で右に曲がればわかるかも〜」

帰れました。

----------

【学区】

最近仲良くなった友達の家に初めて遊びに行った帰り。

初めて通る道、暗くなってしまったこともあり、曲がり角の記憶もイマイチはっきりしません。

 

「国道に出よう」

この小学校の学区はみんな国道より南側なので、誰の家からでも北に行けば国道に出ます。そして我が家は学区の端、国道沿いにありました。これで帰れます。

ちなみに方角はやはり夕日頼み(小学生ですから)。

----------

【充電事情】

高校生にもなれば「太陽が西」とか「国道が北」とか覚えてなくても文明の利器スマートフォンがありますから、まぁ普通にそれに従えば迷子にはならないのですが。

 

「北口からまっすぐ行ってセブンイレブンで右、居酒屋〇〇で左」

充電が惜しいので目印を覚えるのでした。

帰りは「居酒屋〇〇で右に、セブンイレブンを左に行ってあとはまっすぐで北口」で帰れます。節電。

----------

【熱中】

2〜3歳の頃でしょうか。大型ショッピングモールのゲームセンターのプリクラ機に興味津々で親の見てないときにそこに入りこんでしまったことがあります。初めて親から離れてしまった瞬間でした。

 

「あれ!どこ行った!」

親は一瞬慌てましたが、プリクラ機のカーテンの下から見覚えのある靴の足。捜索という間もなく見つかったのでした。

わたしはずーーーっとその機械を見ていたのでした。興味津々でしたから。

----------

【おやつ】

「おやつ見てきな、100円までね」

母親に言われ、ルンルンでお菓子売り場へ(一緒にいると買い物の邪魔なので「あっちいけ」って意味なのですが)。

 

食べたいお菓子が多すぎて悩みに悩んでいたら、母がどこにいるかわからなくなりました。

下手に動くと余計にわからなくなりそうです。

「レジ前で待ち伏せしよ」

----------

【別行動】

親と車でショッピングモールに来ました。

お小遣いをもらうようになると、親と離れて自分の買い物は自分で済ませることも出てきました。

親といるなら買ってもらえばいいや、とは思いませんでしたね。それに、自分のお金(お小遣いですが)で買ったものは殊の外大事に扱うものです。鉛筆1本でも。

 

ところで、親と離れるときに待ち合わせも何もしなかったのでどこにいるか全くもって不明です。いや、モール内にはいるんですが。探すのはなかなか難しい。難しいし、めんどくさい。

 

「仕方ない、駐車場行くか」

その日の交通手段というのは待ち伏せるのに有効です。

ちゃんと探して出会えてたらその日はアイス買ってもらえそうだったんですが。あ〜〜〜失敗した。

----------

【棚の上の奥のほう】

毎度のことながら勝手に親から離れてしまって気づくとひとり。

 

「もう!おかあさんってば!かってに動いたら迷子になるでしょ!」

----------

【親の意識】

こんだけ勝手にふらふらいなくなる子ども、親なら心配しそうなものですが、うちの親は子が突然変異的に賢いことを知っておりました。突然変異的に賢いことを(この繰り返しに意味はありません)。

 

なぜなら、わたしが、

乳児の頃から「おなかすいた」「オムツ替えろ」以外、無駄に泣かない子供で、

歩くようになったら3歩で抱っこをせがみ

やり直したくない一心で課題を一発でこなすような、

超省エネなこどもでしたので、

 

「お前みたいな子は、

『おがあざぁぁぁぁんんん』なんて泣きじゃくらないし、

走って親を探そうともしないし、

どうせ『ここにいたら絶対に会える(し、お菓子も買ってもらえる)』とこでじっと待ってるに決まってんの

お前が絶対そうするのはわかってるから探す必要もなくて楽だわぁ」

 

親は、子が最高にズボラなことをよーーーく知っておりました。

==========

本当のことをいうと、1回だけほんとに道に迷いそうになったことがあります。

約3ヵ月前、横浜中華街で。

とあるライブを見に行った日のことでした。ハコに早めに着いたので、時間つぶしに中華街をぶらついて、そろそろ戻ろうかなと思ったら、

 

占い豚まんトウガラシ占い豚まんトウガラシ占い豚まんトウガラシ

 

「トウガラシのストラップの店で曲がった」とか覚えててもあちこちにあるんだもん…。店の名前も何も中国語で書いてあってわかんないしさ…。

初めてスマホにらめっこしながらハコまで戻った屈辱の日です。その日、バンドマンからスマホにサイン入れてもらったので、いろんな意味で一生忘れない思い出の日になりました。

==========

へこたれてる間に思い出した内容も足したらとんでもない文量になりました…。

明日は仕事なのでアップは遅めです。たぶん。

 

 

ではまたのちほど。

「あいつらの新曲聴いた?」

夢を見ました。

 

中学校の行事で、バスに乗り込む場面から。

路線バスの貸切のようでした。

 

男女2:2の班になっていて、他の3人は先に乗っていたのですが、

----------

   窓 窓   

←前   後→

    □ 

  -扉-

----------

何となく伝わりますかね…。

バスの真ん中の乗降口から見てすぐの2人がけ×2(地域差は無視)ですね。

□が空席です。

 

で、わたしが乗り込みまして、

(何で女子の隣でモジモジして座ってんだこいつ?)

と思ったので、

「おう、小島(仮名)、お前いっこずれろよ」

やさし〜〜〜。わたしやさし〜〜〜。口調は優しくないけど。

 

 

 私

 

そしてバスは出発。動き出した車内で、斜め前から男子が話しかけてきます。

 

それが何と、

「シンペイ!」

ナカヤマシンペイくん(夢の中ではタメなので呼び捨て)。

見た目は今のシンペイさんをそっくりそのままちょっとちっちゃくして可愛らしく幼くした感じでまぁどストライクでした。

この子がのちにバンドのドラマーとして全国を旅するのですね。まっすぐで重くてパワフルなサウンドが想像つかないですが。中学生なんてそんなもんか(そもそもただの夢)。

 

その会話

「あいつらの新曲聴いた?」

「いや、てかもう出来てんの?リリースもライブも何もないからわかんないけど」

「そっかー、そうだよね」

「早く聴きたいけどねー、どんな曲でも絶対好きになる自信あるのに」

「あいつらのこと、おれもうわかんないけどさ、聴きたい曲ができるのをじっと待ち続けてるくらいなら、自分で作っちゃったほうが早いんじゃない?」

----------

「…ははは、何言ってんの。あなたたち4人だからじっと待ち続けてたのに、4人が作る曲だから聴きたかったのに」

ちょっとだけ泣きながら起きました。

another sunnydayのこと思い出しながら。

 

 

しんみりしながら、ふと奇妙な席順の意味を考えて、そして気づきました。

これ、ブルデート(風)だったのでは??

小島は隣の女子に片想いしていて…

あ!だからモジモジしてたのか!

悪いことしちゃったなぁ…。ごめんね小島

 

それにしても、中学時代と現在とがごちゃごちゃだよこの夢。

今思うとツッコミどころ満載。

だから夢ってのは面白いんですが。

 

 

ではまたのちほど。