戦わずして負け犬の遠吠え

ワオーーーーーーン

「あいつらの新曲聴いた?」

夢を見ました。

 

中学校の行事で、バスに乗り込む場面から。

路線バスの貸切のようでした。

 

男女2:2の班になっていて、他の3人は先に乗っていたのですが、

----------

   窓 窓   

←前   後→

    □ 

  -扉-

----------

何となく伝わりますかね…。

バスの真ん中の乗降口から見てすぐの2人がけ×2(地域差は無視)ですね。

□が空席です。

 

で、わたしが乗り込みまして、

(何で女子の隣でモジモジして座ってんだこいつ?)

と思ったので、

「おう、小島(仮名)、お前いっこずれろよ」

やさし〜〜〜。わたしやさし〜〜〜。口調は優しくないけど。

 

 

 私

 

そしてバスは出発。動き出した車内で、斜め前から男子が話しかけてきます。

 

それが何と、

「シンペイ!」

ナカヤマシンペイくん(夢の中ではタメなので呼び捨て)。

見た目は今のシンペイさんをそっくりそのままちょっとちっちゃくして可愛らしく幼くした感じでまぁどストライクでした。

この子がのちにバンドのドラマーとして全国を旅するのですね。まっすぐで重くてパワフルなサウンドが想像つかないですが。中学生なんてそんなもんか(そもそもただの夢)。

 

その会話

「あいつらの新曲聴いた?」

「いや、てかもう出来てんの?リリースもライブも何もないからわかんないけど」

「そっかー、そうだよね」

「早く聴きたいけどねー、どんな曲でも絶対好きになる自信あるのに」

「あいつらのこと、おれもうわかんないけどさ、聴きたい曲ができるのをじっと待ち続けてるくらいなら、自分で作っちゃったほうが早いんじゃない?」

----------

「…ははは、何言ってんの。あなたたち4人だからじっと待ち続けてたのに、4人が作る曲だから聴きたかったのに」

ちょっとだけ泣きながら起きました。

another sunnydayのこと思い出しながら。

 

 

しんみりしながら、ふと奇妙な席順の意味を考えて、そして気づきました。

これ、ブルデート(風)だったのでは??

小島は隣の女子に片想いしていて…

あ!だからモジモジしてたのか!

悪いことしちゃったなぁ…。ごめんね小島

 

それにしても、中学時代と現在とがごちゃごちゃだよこの夢。

今思うとツッコミどころ満載。

だから夢ってのは面白いんですが。

 

 

ではまたのちほど。